ブックディレクターの幅允孝さんとトークイベント

WiLの一周年を記念して、ブックディレクターの幅允孝さんとトークイベントをさせていただきました!本の苦手な私ですが、お話しさせてもらっている中で、本を読んでみたいな~と思いにかられ、早速ご紹介いただいた本、「はじめて考えるときのように」を読んでみました。

考えるためには、前提や枠組みをはっきりさせる必要がある。

考えるとは、「もしかして」という可能性を探ること。

考えるとは、新たな秩序を与えること。

頭で考えるのではなく、手や絵で考える。

など考えるコツがわかりやすく書かれており、当事務所の必読書にしようかと思うくらいでした。受け売りですが、オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です